「Radix」の高伸建設・・・鋼製型枠(山留め)を用いた基礎工事で、環境保全、工期短縮、高品質に努めています。

 

製品紹介

   
1.躯体面 平タイプ
 
特徴 : 従来のキーストンプレート型枠とは異なり、表面(躯体面)がフラット形状です。
 
 1:  無駄なコンクリート、残土は発生しません(0.0125m3/m2
 2:  型枠の剛性が高く “たわみ“も少なく躯体品質も良い
 3:  埋め戻し土との喰いつきも良く十分な転圧も可能
 4:    構造背の高いものにも対応可能
 5:  表面が平らなため躯体コンクリートの打設流動性が良く、高品質な躯体が出来る。
 
せき板には薄鋼板を使用し、縦地材の特殊C型鋼は構造体の高さによってピッチ、 形状を変更し土圧に耐える確実な構造計算が可能なので安心です。
 
(尚 製作期間に関してはキーストンプレート型枠より多めにかかります、施工図面の確定を早めにしていただければ対応可能性が高まります。)
 
 
角パイプ仕様構造図
 
角パイプ仕様写真
 
角パイプ仕様図面
 
部材構成 重量:(16.7kg/m2
せき板 薄鋼板 PL-0.51~0.8
縦地材 軽量溝型鋼 C‐40~75×25×10×1.6
上端材 アングル L-30×30×3~L50×50×4
下端材 アングル L-30×30×3~L50×50×4
   
2.キーストンプレートタイプ
 
特徴 : 従来からの先行埋戻専用鋼製型枠です、信頼性は抜群です。
 
 1:  構造が複雑でないため加工がしやすい。
 2:  短納期の現場でも対応できる。
 3:  従来からあるもので信頼性が高い。
 4:  裏面への型枠補強がしやすい。
 5:  構造背の低いものから高いものまで対応可能。
 
せき板(キーストンプレート)自体剛性があるので1.5m程度のものまでは補強不要、それ以上のものに関しては型枠裏側に補強を施し、また据え付け時にも補強施工をして型枠品質を確保いたします。
 
 
キーストンプレートタイプ仕様構造図
 
キーストン仕様写真
 
キーストン仕様図面
 
部材構成 重量:(17.4kg/m2
せき板 キーストンプレート t=0.5~0.8
上端材 アングル L-30×30×3~L50×50×4
下端材 アングル L-30×30×3~L50×50×4
<<高伸建設株式会社>> 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2丁目31番5号 東芝桜新町ビル2F TEL:03-5426-3700 FAX:03-5426-3702